キャバクラ勤めの友人に新しい店の面接につき合わされた話。

かなり昔のキャバクラ勤めの友人にあちこち新しい店の面接につき合わされたことがありました。

面接に付き合わされる前にもその友人はキャバクラで働いていたのですが、
元々気性がすごく荒く、激しいので何処で働いてもしばらくするとすぐに大喧嘩になってしまって店長や酷いと社長とまでやりあったりするので、
かなり揉めに揉めた挙句、自分の方から「辞めます!」といつも言っていたようでしたが、その際に必ずお給料だけはきちんと働いた日数分だけはきちんと計算して請求していました。

そのことは聞いているとごく当たり前の話のように感じますが、

友人の場合は、ただ単に日数分の給料をもらえば良い訳ではなくて、それプラス友人はすごくキャバクラの仕事に向いており、
成績がよく指名数が半端でなく多かったので、忘れないように毎日指名の人数をチェックしてメモしていました。

そして、その分の請求と同伴の人数の請求の両方があったので、その数字が少しでも合わないとずっと話し合って納得が行くまで一歩も引こうとはせず、
そのような給料計算の話し合いだけのために何時間もキャバクラのお店に居座り続けていました。

いくら店長が直々に登場してその金額全ては払えないと言っても、友人がその話を納得できない限りは絶対に
「はい、分かりました」と引き下がる性格ではなかったので、酷いと何時間も同じ店の中にずっと篭って話し合うことがあの当時は何度も繰り返しありました。

元々その友人は水商売は中学生の時からやっていて私の方がいくつか年上なんですが、
その道では友人の方がずっとベテランだったので、だいたい何処の水商売を面接してもすぐ受かっていました。
だからこそ、たまに落とされると非常にプライドを損ねてしまった感じで、ずっと機嫌が悪くイライラしていました。

また冒頭に書いたように非常に短気な性格な友人だったので、しばらく同じキャバクラで働いても、すぐ誰かと喧嘩になり、トラブルになってしまい、いづらくなり辞めていたので、その度毎に新しい店の面接に、その当時友人だった私がいつも付き合わされていました。

辞める時は、すんなりと辞めれる時もあったようですが、成績が何処のお店でも非常に優秀だったようなので、中には、考え直すように言ってくれたところもあったみたいですが、その友人が一度駄目だと思うと絶対にもう嫌だ!的なすごく頑固な性質だったために、それでも押し切って、そこのキャバクラを辞めている形の時もありました。

あの頃は何度も色んなキャバクラ店を面接や辞めるための話し合い、未払いお給料の件でつき合わされましたが、その時に一番印象が凄かったのは、友人が辞めるにいたって店の店長と話し合っている時に、店長が右手を振り上げたり振り回している時にその指先を見ると半分までいかないけど一刺し指の先っぽがかけているので驚きました。何かの事故にでもあったのかな?とその当時は思いましたが、ちょっと気になりました。そしてショックもありました。

そこの店の店長とは何時間も友人が話し合ったと思いました。私は横で黙って話し合いを見ていました。というかそこで実際に働いたわけでもないのによく分かりもしないのに口を挟むのは良くない憚られると思ったからでした。

結局そこの店は店長も気がすごく強かったために一回では話し合いはまとまらず、一応次の用事があったのでいったん話は途中のまま帰ることとなりましたが、「また来週あの店に話し合いに行くから付き合ってね!」と友人のほうは何処までも粘って絡み付いて行こうとしていました。

簡単に書いているようですが、巷で騒がれているキャピキャピのキャバクラ嬢というのは実際は、非常に愛らしく可憐で乙女チックでけなげな印象とは大分かけ離れているように感じています。

キャバクラ嬢の人は、特にお金に関してすごく貪欲で執念の一言だと強く当時感じました。色々経験してそう思います。

友人のキャバ嬢とキャバクラの実体と働き心地についての本音を語った話。

かなり昔のキャバ嬢だった友人にキャバクラで働いているとどんなことがあるかとか働き心地について尋ねたら、意外な話を聞いたことがありました。

その話の内容をザッと書いてみると、質問当時、友人はコンパニオンの人数が全部で100人くらいいる大型のキャバクラで働いていたそうなんですが、
「その中で成績が2位になったことがあるけれど、1位にはなれなかった。
 実力的にはどう考えても自分が1位なんだけど、その時に本当に1位だった女性がそこのキャバクラのお店の店長とお付き合いがあったので
 そういうエコヒイキの問題で1位になることができなかった」というようなことを言っていました。

私はその時、『へぇ~~!、キャバクラってそんなようなことがあるんだ・・・人間関係が大変なんだなぁっ』て、つくづく感じました。
そして、自分ももしも(自分はそんな仕事向いてないし働くことも昔も今も今後も絶対にあり得ませんが)そんな職場で働いたら、差別がすごいからやる気なくなるだろうなと思いました。

さらに、話によるとキャバクラのお店の店長とできているとつけ指名とかもあるそうでした。
つまり、成績も交際が絡むと数字とか勝手に変えられてしまうようなことを言っていました。
私はその時にそんなんじゃますますやる気でないはずなのにそういう待遇であっても2位でいれたという根性がすごいなと思いました。

何故なら普通は苛めに遭うと(まあ、こういった状況は一種の苛めでしょうね)それだけでスッカリ気分を害してしまって、その後何もかもやる気がなくなるってことは実際にあると思うからです。

そのせいで1位が駄目でも2位のままでも良いからというガッツすら無くなる人が多そうなのにと思うので、友人のそこらへんの意地と根性はすごいなと思いました。
ちょっとしたことでへこたれない感じがすごくその当時は好感を呼びました。

けれど嫌な話も確かに聞きましたね。
嫌な話とは、そのキャバクラで1位の店長の彼女であるナンバーワンの女性が、お客が自分の目の前で他の子に指名を変えるとその場で血相変えて怒って、お店のトイレに連れ込んでから平手打ちをして殴って脅しているという話を聞いたことがありました。

その話を聞いた時はすごく驚きだったし、同時にショックでした。
お店に行ってから自由気ままにお客の天国で楽しめるはずが、男性客にとっては、それではまさに地獄としか言いようがないと思いました。

キャバクラは結構値段も良いようですから、お金をかなり使ってもそういう対応だったらなおさらそうとしか言いようがないと思います。

キャバクラの女性は上記に書いたように比較的気が強くて男性的で見た目がどれほど女性的で美しくても性格的には気性が強くカラッカラッとしたタイプがすごく多いようでした。

キャバをして学んだこと

私がキャバクラで働いたのはトータルで6年です。途中やめていた時期もあります。

学生時代にスカウトされたのがきっかけでした。
その当時少しぽっちゃり気味だった私が、かわいくなりたい!派手になりたい!綺麗になりたい!という気持ちで、18歳にもかからず高額なエステの契約をしてしまって少しこれからお金どうしようかなーって思っていた時でした。
若気のいたりです。怖いものはあまりなかったですね。

スカウトについていって田舎のキャバクラで面接、体験、即入店です。
もともと、男受けはいい方でして、高校時代から男性関係は途切れたことがなかったです。
たいしてすごく可愛いいってわけでもなく、ぽっちゃり体型でしたが男慣れしていたのでしょう。すぐ馴染めました。

その当時私が住んでいた地域はものすごく景気がよかったので常に混んでいました。
なので出勤すれば2万近く稼げるのです。出勤時間は20時から1時まで5時間で2万です。

送迎代もかからなかったです。大学生の私はすっかりハマっていきました。
お酒は、カクテルを頼んでお客さんにバレないようにオレンジジュースでした。
なのでからだも、そんなにキツくなく若いし学生でしたので学校で寝ていました。しかし、そのお店、1日の指名本数が毎日控え室のホワイトボードにかかれるのです。

バイト感覚ですが、やっぱり少し気になり、そして指名本数によって時給がかわったりするので少しずつお客さんに色恋営業に近いことをするようになりました。

といっても、お客さんが盛り上がって、大好きだよ。とかいつ会える?という言葉を否定はせず軽く流して、こちらは拒否はしないけどあいまい??にしていたのです。

そうすると、不思議なことにお客さんは勝手に付き合ってる事になっていたりするのです!笑

私はその時、指名がけっこうありました。毎日3人くらいはきてくれて、
1人2セットか3セットいてくれたら、指名本数〔3×3〕の計算で9本です。

だいたい週3日の出勤で20万近く稼いでました。大学生にしてはかなりよかったですね。お客さんからもプレゼントたくさんもらいました。ブランドもののアクセサリーや財布とか。

でも、そのうち、本気恋愛モードのお客さんが増えてきました。
そうすると、大変でした。あたしの指名がはいっているときにヤキモチやいて他の女の子を指名したり、アフターしないと本気で怒りだしたり、まだ私も交わし方を知らなかったのですね。

その時にもっとがんばれるかもしれない。一回だけでもナンバー1になりたいなと思い、お客さんと店外デート、同伴、アフターをしました。デート先は某テーマパーク。

その時、彼は本気の愛の告白をしてきました。
その瞬間、私はもう無理だなと思いました。これ以上はひっぱれない。
それにひとのことを騙しているような気がして、急にキャバクラの仕事がいやになったのです。

お客さんに、くどかれ、チヤホヤされお金はもらえる。でも自分なにやってんだろ?
と、いっきに苦しくなりました。この時、やめたくなりました。

こうゆう気持ちは私のキャバ時代の友達もけっこう言っていました。
普通の恋愛も、できなくなっていましたしね。お金のことだけじゃだめだなと思った出来事です。
そのお客さんも、それから去って行きました。

これでNo.1キャバ嬢に

まず、始めに
お客様から好かれるキャバ嬢は、空気が読めて、マメ。時には、場を盛り上げたり、聞く事に徹したり。
連絡は、マメに。
とにかく、お客様が求めてる事に対していかに上手に対応できるキャバ嬢は、好かれます。そして指名も増えます。

ただ、お客様から好かれる事だけを考えていてはNo.1にはなれません。

お客様も大事ですが、一緒に働くキャストもすごく大事です。
キャストに嫌われてしまったら、席でも盛り上がりにかけたり
お客様にも伝わってしまうかもしれません。

どんなキャストが嫌われるのかというと、自分勝手なキャバ嬢や仕事をしないキャバ嬢。お店のルールを乱すキャバ嬢。
あげたらきりがないですが。
え?そんなにあるの?って思うかもしれませんが、簡単な事です。
自分がされたら嫌なことは、人にはしない。これです。

キャストに好かれると、得をします。
例えば、
席に一緒に呼んでもらえたりします。

そのお客様のお連れ様とかに
うまくいけば、本指名で自分のお客様になるかもしれないですからね。

内面を話しましたが、次は
外見について話したいと思います。
まず大切なのは、姿勢です。

どんなに化粧して髪の毛セットして
可愛い衣装を着て着飾っても姿勢が悪いと見た目がかなり変わります。
なので、まずは姿勢を正すことです。

足を組んだり、テーブルに肘をついたり。なんて論外ですね。
それ以外には、可愛くなる努力をする。自分に合う化粧の仕方を勉強したり、スタイルよくなるように運動したり。エステに通ったり。美容院に行って髪の毛整えたり。可愛くなるようにやれるだけの事をします。

やっぱり最初は、見た目から入りますからね。
ちなみに、カラーコンタクト。あまりに露骨なのは不評でした。
やっぱり、ナチュラルに見えるブラウンが人気ですね。
化粧もけばけばしいよりもナチュラルに見える化粧が人気です。

次に、ボーイさんに対してです。
ボーイさんには、優しくしましょう。
横暴な態度をとっていると、はっきり言って損です。
何もいい事はないです。
ボーイさんに嫌われると、仕事しにくいと思います。
どのお客様に誰をつけるかを決めるのは、ボーイさんなので。
少し融通きいてくれるかもしれませんしね。

そして、最後に。
いかに早くお客様の心を開ける会話ができるか。楽しませる事ができるか。
限られた時間の中で、いかに自分を印象づけるか。
その事を考えながら会話をするといいと思います。

それと、来てくださった方
話した事などノートか何かに書き留めておくといいです。
覚えててもらえるって嬉しいですから。

副業

私は以前、そう長くはない期間キャバクラに勤めていました。
顔も体型も普通でどこにでもいそうな感じの私でしたが、その当時働いていた職場が薄給過ぎて泣く泣くダブルワーカーをしてました。

といっても、私の場合は特別、人間関係にしがらみがあったりしませんでした。
住んでいたところがまあそこまで都会でもなく、人が、若い子がいるわけでもなくなので、キャバクラといってもテレビで観ていたような雰囲気ではなかったです。

まあ、でもキャバクラはキャバクラなのでお気に入りの子に入れ込む人もいましたし、場末のホストに貢ぐ子もいました。
テンプレ通りな人もいるもんだなあ…なんて思ったりもしたけれど、そこはキャバクラという場末でも非日常的な空間なので人間を麻痺させる何かがあるんだろうなあと思ってます。

そんな非日常的な職場で非日常的な出来事に遭遇したことがありました。
仲が良かった訳でない同僚が今流行りの?お薬に手を出していきなり来なくなったり…。

それくらいで?って思う方もいるかもしれませんが、昼間は薄給なOLからしてみたら非日常的だし充分、私には刺激的でした。

そんな出来事があって一度はこの辺で足を洗って昼間のお仕事ごと転職しちゃおうかなー、なんて思ったりもしましたが、なにぶん不況なもので田舎なものでめぼしい職もなく刺激的な出来事にショックを受けつつもダラダラ続けてました。

このダラダラ続けている間に一人のお客さんと体の関係を持ってました。毎回指名してくれるお客さんだから特別?とかじゃなくて何となく仕事終わりに飲みに誘われたら流れでそういう関係になってました。

好きとか、愛してるとか、そういう感情はまるでなく肉体的欲求が満たされればそれでいいって思ってました。相手がどう思ってたかは今となっては知りようがないし、その当時は興味がなかったからです。

非日常的な世界に足を踏み入れ、徐々に何か病んでいったんだと思います。特別嫌な仕事だったとは思いません。普通の自分を可愛いと言ってくれる人もいました。気分は女王様です。でも昼間とのギャップがあり過ぎました。キャバクラの仕事一本で生きていくほどの覚悟のなかった私は昼間の私に罪悪感を少しずつ溜めながら働いてました。

生活は頑張れば余裕が出るけど精神的にはカツカツで体の関係だけの人とエッチして満たされた気になれば、また頑張っての繰り返しをしていくうちに最初はダイエットのはずから病理的な痩せへ移行し昼間の職場で倒れて目が覚めてキャバクラの世界から足を洗いました。

それと同時に体だけの関係の人からもあっさり卒業しました。もう顔も名前も何となくでしか思い出せません。そんなに昔のことでもないのに。

特別、華やかな話はないですが非日常的な空間の中で麻酔をかけられたようなあの感覚をたまに思い出しては
何故だか胸がちりっと焼き付くような感覚に苛まれる時もありますが、きっとこれもあの時の後遺症なのかもしれないです。

副業ではじめたキャバ

もともとクラスの綺麗な子たちにあこがれがありました。
スタイルもよく、可愛い彼女たちのようになれたらと思っていました。

彼女たちが高校を卒業すると始めたのはキャバでした。
綺麗なドレスをきて、かっこいい男性とお付き合いもできて、その上給料もいい。
羨ましいと思いました。

私は家庭が厳しかったので、高校卒業後地元のスーパーで働き始めました。
ただ彼氏はいても地味で、正直かっこよくはなくて退屈でした。
友人たちと話していると短期で、しかも一週間にそれほど入らなくてもいいと聞きました。

そこで気軽に副業としてできるキャバを始めました。
綺麗なドレスをきて、綺麗な化粧をして、綺麗に髪をあげて。

憧れていた世界に入れて楽しいです。友人の中でも地味な子と差ができる気がして、正直自慢に感じている部分もありました。

昼間はスーパーの仕事、夜はキャバ。二足のわらじでしたが、とても楽しかったです。

最初はマナーを覚えるのに苦労しましたが、あまり男性経験がない私でも、指名してくれる人もいます。
自分に自信がなくて、自分が嫌いだった部分が克服されてきました。
憧れの子のようになりたい!とがんばりました。

スーパーでもらえるような金額以上にもらえましたし、それに地元では飲食店を経営するような人とも仲良くなれました。

今まで経営者の人と話す機会などなく、そういった人とお酒を飲みながらお話を聞くのが楽しかったです。
友人たちも私の変化に驚いてくれたので、自分も変わってきたと思います。

その頃、地味だけれど結婚を考えてくれていた彼氏との変化がありました。
いつもは地味な私を相手にしないような、職場のバイトの子が自分を好きになってくれました。

彼はモデルのようにかっこよく、女性に人気です。自分なんか最初相手にされないと思っていました。
地味な彼は退屈ですが優しくて、でも初めてあんなかっこいい人が自分を見てくれることに驚きました。

キャバで培った能力が発揮されたのかもしれません。
二人の男性の中で悩んだ末、年下の彼とお付き合いをすることにしました。
友人にも自慢できる彼氏でしたし、みんな羨ましいと言ってくれます。

それに仕事も順調でしたし、お金はもらえるし私にはこの生活があっていました。
ただ夜のお仕事で寝不足になってしまい、事故を起こしてからはセーブしています。
その彼とはお別れをすることになりましたが、今は彼氏も途切れませんし、過去の根暗な自分はもういません。
いい経験にもなり、対人関係も自信がつきました。