キャバクラ嬢は人気商売ですから、名前の売れている子が店を移動すると大きな話題になります。
そして、店が有名になればフリー客も増えますし、フリー客が増えれば自分の客を捕まえるチャンスも出てきます。
それに、憧れのキャバクラ嬢と一緒にお仕事がしたいと頑張っている方だって多いですよね。そこで、有名店の面接を突破するコツをご紹介します。

まず、未経験でも大丈夫です。逆に一からしっかり教育できるので、余裕のある店では未経験者を歓迎するケースも多いです。
もちろん経験があってお客様を連れて行けるのであればそれが一番ですが、中途半端な数ではセールスポイントになりません。
すでにお客様の呼べる子をたくさん抱えているからです。

案外ヘルプとしてうまく立ちまわってくれる子を求めている店は多いので、技術に自信があることを伝えるのが良いですね。もちろんヘルプ嬢からスタートしても、お客様をしっかりつかめば良いんです。

容姿ですが、メイクをすることで女は化けますから実はそんなに気になりません。あまりメイクが得意ではないという場合は、あえて薄化粧で行って伸びしろを見せるのも一つの手です。

私は元々薄化粧で働いていたので有名店の面接でもそのまま行きましたが無事合格しました。
ただしお店にメイクさんがいますので、もっと華やかに見せるようにと指導は入ります。他に新しく入ってきた子を見てみると、バッチリメイクをしていてもあまり化粧映えしない子は落とされる傾向にあります。地味でも伸びしろがあると判断されれば大丈夫ですよ。

次にスタイルですが、やはり有名店となるととにかく細い子ばかりです。最近はぽっちゃりしている女の子も増えてきていますが、有名店となると店の品格に関わりますので極端に太っている子はやはり採用されません。

中にはもう少し痩せたら採用出来るよ、と言われるケースもあります。案外長身で筋肉の付いているような子も採用されます。こういう子はロングドレスが映えますので、お店が華やかに見えるんですよ。そのため、有名店の方が案外平均身長は高くなります。

最後に、一番大切なのは受け答えです。面接でビクビクしているような子はお客様の前でも緊張してしまいますから、堂々と話せる子というのが第一条件になります。相手の目をまっすぐに見て、相手が心地よいリズムで話せるように意識しましょう。上客を接客する時のような意識で面接に臨むのが一番の突破するコツですね。